Top > 腸内の環境は食生活だけではない

腸内の環境は食生活だけではない

「腸内環境を整える」と言えば、まず思い浮かべるのは『食生活を見直す』事でしょう。
バランスの良い食生活(腸内環境をよくするには、食物繊維)も勿論重要で、規則正しい生活リズムも大切なのは、一般的に認識されている事です。
しかし、実は「ストレス」も大きく影響しているのだそうです。
交感神経(アクティブ)と副交感神経(リラックス)のバランスを保つことが「腸内環境」を整えるコツだと言われています。
しかし、副交感神経が過度に優位になってしまい全くストレスがない状態というのも意外に良い事ばかりではないという事です。
適度なストレスも健康の為には、必要だという意見もある位です。
脳と腸と精神とは密接な関係があり、精神的に繊細な人は、腸が弱い傾向にあるようです。
「潰瘍性大腸炎」という言葉をよく耳にしますが、これも、その一つと言えるでしょう。
「腸は第二の脳」という言葉が、ストレスと腸内環境の関係を如実に表していますね。
そんな事から、食生活に十分配慮している人でも、実は、腸内環境に問題がある事例はゼロではないという事になりますね。

腸内環境正常化ドットコム
関連エントリー