Top > ニュース > 結局は同じこと

結局は同じこと

特定調停というのも任意整理と同じように、それらの貸方に借金の返済を行っていくことを選択する借金整理の手順です。

 

他の表現でいうなら裁判所が処理する債務の整理といえます。

 

先の方法と同じように、破産申告と異なりある部分のみの負債だけを処理していくことが可能なため他に連帯保証人が付く借入金以外だけで整理をしていく際や住宅ローン以外について検討したい場合などにおいてでも適用することもできますし資産を放棄してしまうことは要求されていないため株式や住宅などの財産を所有していて、手放してしまいたくない状況でも活用可能な債務整理の方法といえるでしょう。

 

ただし、手続きを取った後の返済金額と現実の手取り額を比較して完済が見通せるようならばこの方法で手続きで進めることが可能ですが自己破産とは違い借金自体がなくなってしまうのではありませんので負債の総量がかなりになる場合においては、この方法で選択をするのは難しくなるということになるでしょう。

 

この手順は裁判所という機関が中に入るので司法書士等に見てもらわなくても立場が弱くなるようなことにはならないということとか処理のための費用を低くおさえられるという利点は魅力的ですが各債権者からの督促に対して債務者自らが応対しなければならない点とか、裁判所にことあるごとに行くことになるなどといった留意点もあります。

 

さらには、任意による整理と比べてのことですが、最終段階でも和解に達しないときには年利をそのまま付けた計算で払っていかないといけないという点や貸方に返していく総額が任意整理による処理と比べて高くなることがあるなどの留意点もあります。

 

ニュース

関連エントリー
結局は同じこと破産宣告